自宅がいつでもカジノに!
お試しプレイから始めてみよう♪
ベラジョンカジノの特徴

ベラジョンカジノは詐欺では無いのか?安全性を検証!

ベラジョンカジノは詐欺では無いのか?安全性を検証!

ベラジョンカジノでプレイする際、詐欺行為はないのか、騙されて一方的にお金を取られてしまわないかということは、どうしても気になってしまうポイントです。

しかしそれは気にする必要のない問題です。ずばりベラジョンカジノでは詐欺行為は行われていないからです。

ベラジョンカジノで詐欺はありません。なぜならベラジョンカジノが詐欺を行ってもカジノ側の利益がないからです。

本記事ではなぜベラジョンカジノが詐欺を行うことが、カジノ側の利益にならないのか、について、実際あった詐欺サイトを例にあげて説明していきます。

オンラインカジノを始めたいけど、詐欺やイカサマが気になるという人にオススメの内容です。

ベラジョンカジノにイカサマはある?詐欺は無いの?

ベラジョンカジノにイカサマはあるのか、詐欺はないのか、という質問への答えは、ずばりイカサマはなく、詐欺行為もない、ということです。

本項目では、なぜベラジョンカジノでは詐欺・イカサマが行われていないのかについて理由を解説していきます。

悪質サイトが詐欺やイカサマを行う理由

そもそも悪質サイトなどがなぜ詐欺やイカサマを行うのかを理解すると、ベラジョンカジノが詐欺・イカサマを行わない理由がわかります。

悪質サイトが詐欺やイカサマを行う理由は、ユーザーが少なく、運営が手にする利益が少ないからです。

カジノを含めいかなるギャンブルでも運営元は一定のお金が儲かるようになっています。少数のユーザーがどれだけ勝っても結果的には運営元が勝つのです。

それはどのオンラインカジノも還元率を設定され、その還元率のもとで運営をおこなっているからです。オンラインカジノの還元率は90%程度であると言われています。

つまりユーザー側が1000万円使うと、900万円はユーザー側に戻りますが、100万円は運営が手にするのです。これは単純にユーザーが多いとそれだけ運営に利益が出る、とも言えることになります。

反対に、それ以上の利益を一気に手にするのは難しいとも言えるのです。これは小さな新規オンラインカジノなどが短期間で成長することの難しさも同時に示しています。

始まりたてのオンラインカジノは集客も多くなく、利益も多くありませんが、爆発的に利用者が増えない限りは利益がぐんと増えることはありません。

そこに耐えられなくなり、短期間で利益を得ようとする会社が、イカサマや詐欺に手を出すのです。

詐欺やイカサマに手を出したとしても、短期的に利益を得られるものの、サイト自体は長生き出来ないことになります。なぜならユーザーに「勝てない」という印象を持たれてしまうと、自然とユーザーが離れていくからです。

その事情がわかっていると、なぜベラジョンカジノが詐欺やイカサマに手を出さないのかが自ずとわかります。ベラジョンカジノが長い期間作り上げた信頼と実績は、他に代えることのできない大きなメリットです。

キュラソーのライセンスを取得し、監査もクリアしているという、信頼度が担保されています。

そうして築いた実績を信用し、非常に多くのユーザーがベラジョンカジノを利用しています。当然還元率を守らなければもっと利益が出るということはベラジョンカジノの運営もわかっているはずです。

しかし、実績を失うデメリットと短期間の利益を天秤にかけたとき、どちらのほうが長い目で見た利益になるのか、誰でもわかるはずです。

これが、ベラジョンカジノが詐欺・イカサマを行わない理由です。

ベラジョンカジノの違法性は?

イカサマ・詐欺サイトじゃないって本当なの?

詐欺・イカサマ以前にベラジョンカジノ自体に違法性はないのでしょうか。

これに関しても当然ありません。もしベラジョンカジノが日本で運営されているとしたら違法になってしまいますが、ベラジョンカジノの運営はマルタ共和国にあります。

マルタ共和国はオンラインカジノを法律で認めているので、違法ではありません。

日本国内からベラジョンカジノをプレイすることも、今のところ違法性はないとされています。

オンラインカジノで悪質サイトの特徴と具体例

こんなサイトは近づいちゃダメ

オンラインカジノの悪質サイト・詐欺サイトはどのようなものか、そしてその具体的な被害のケースはどんなものかを紹介します。

オンラインカジノの悪質サイトの特徴は以下のようなものです。

悪質オンラインカジノの特徴
  • 全く勝てない
  • サポートの対応が悪い
  • 支払い遅延等がある

そして悪質サイトの具体的な被害として、次のようなものが挙げられます。

悪質サイトの具体的な被害
  • 突然のサイト閉鎖
  • 勝ちだした途端のアカウント停止

それではこれらについて詳しく見ていきましょう。

悪質サイトの特徴

悪質サイトは実際に被害を受ける前に前兆のようなものがあります。もし自分の遊んでいるオンラインカジノに同じような傾向がみられる場合は、注意すべきです。

悪質サイトにありがちな要素
全く勝てない
オンラインカジノは必ずある一定勝てるようになっています。しかしイカサマを行っているカジノでは、まるで勝てません。ただし高額の勝ちがあった!!という広告だけはやたらに大きく掲載します。こうしてユーザーに「いつかはこの負けを取り返せるかも…!」と期待させるのです。あまりにも勝てないとなったら、そのサービスから撤退すべきでしょう。
サポートの対応が悪い
悪質なオンラインカジノはユーザーではなく、利益優先です。さらに利益のためにルールを破っているため、それにかかわる部分をユーザーに質問されるとまずいので、ユーザーに対して満足できるような対応は取りません。質問をしても歯切れの悪い返事ばかりだったり、そもそもサポートに連絡がつかなかったりするような場合は、すぐに出金してお金を守っておくべきでしょう。
支払い遅延等がある
最も危険な特徴は支払い遅延です。オンラインカジノは基本的に海外との取引なので、入手金の際に時間がかかることがあります。しかしユーザーの不安を極力減らすために、実際より少し多めの日数を提示します。悪質なオンラインカジノではその日数以上に日数がかかることがあります。お金に直接かかわるサービスなので、お金にルーズな一面があってはなりません。支払い遅延等があれば、すぐにそのサービスの利用を止めるべきでしょう。

具体的な被害のケース

それでは、具体的に詐欺カジノで被害にあったケースをご紹介します。

詐欺カジノで被害にあったケース
ジャックポットが当たったタイミングでアカウント停止
詐欺行為を働くオンラインカジノでありがちなのが、当たりはするけど引き出させないというパターンです。ジャックポットで数万ドルあたった!となった瞬間に、不正が発覚したためアカウントを停止します。となるケースがあります。こうなってからはもう遅いので、諦めるしかありません。もし監査機関が監査しているオンラインカジノであれば、監査機関に協力を依頼しましょう。
大当たりしたのに出金できない
これも同じようなパターンですが、一度そのオンラインカジノ上のアカウントには、当たった金額が加算されます。しかし、出金しようとするとエラーになったり、いつまでたっても自分の口座に入金されなかったりといった状態になります。やはり当たったと見せかけて、お金を渡さないという詐欺行為です。

オンラインカジノであった詐欺の口コミ・具体例

実際に上記のような詐欺行為があったのか、口コミを探してみました。(*ベラジョンカジノの口コミではありません

ユーザー1
ユーザー1
28歳男性自営業
某オンラインカジノでは、一日で100万を超す大当たり!心躍らせてプレイを続けていると、突然プレイできなくなり、アカウント停止の連絡が…意味が分からない。
ユーザー2
ユーザー2
40歳男性会社役員
オンラインカジノの口座に50万円入金してほどほどに遊び、あまりハマることもなかったので、残り30万円ほどはそのまま出金しようとしました。

しかしメンテナンスの表示が出て出金エラーに、仕方ないと思い、後日再びアクセスするとサイト自体が無くなっている始末…高い勉強代となりました。

今すぐベラジョンカジノを始める