自宅がいつでもカジノに!
お試しプレイから始めてみよう♪
オンラインカジノについて

インカジ摘発が急増中?選ぶのなら日本人に優しいオンラインカジノを!

インカジ摘発が急増中?選ぶのなら日本人に優しいオンラインカジノを!

インカジでの逮捕者や、摘発が続出している事で、日本ではカジノに悪い印象を抱く方もいらっしゃるかもしれません。

また、インカジとオンカジとフレーズが非常に似ていることから、オンラインカジノ自体もイケナイものと勘違いされることもあるようです。

確かにインカジは違法です。しかしフレーズが似ているものの、オンカジ、オンラインカジノそのものに違法性はなく、むしろ安全に楽しめる、非常にエキサイティングな娯楽なのです!

今回はインカジが摘発されてしまう理由や、インカジとオンカジは全く違うものであることについて、しっかりと説明していきますね!

インカジが摘発される理由は運営システムに違法性があるため

全国の都市部において、これまでに多くのインカジ運営店が摘発を受けてきました。

巷では400件以上の摘発が確認されたとも言われており、近年は警察が目を光らせる風俗犯罪として、インカジがマークされているのです。

日本でインカジが違法とされている理由の一つに、その場で金銭の受け取りを行うという点が挙げられます。

店内でのギャンブルの金銭を店側が支払う行為は、日本では禁止されているためです。

インカジを行っている店舗のほとんどが、認められていないシステムで運用されているため、あまさず摘発の対象となります。

また違法賭博と知りながら運営されているものなので、ほとんどの場合入り口がロックされています。

日本の賭博における違法性については、実は古くから使いまわされている条文も多いので、刑事判断を下す際の基準も、非常に曖昧とも言われています。

その点を上手に利用し、巧妙に経営を続けるインカジも未だに多数存在しているのが現状です。

インカジ利用者が実際に受けたインカジ運営店からのインチキとは

勝てないのも当然だよね

ネットやSNSで時折報告される『インカジやってくる』『インカジで大勝』などという投稿が目立ちますが、これは本当なのでしょうか?

実際にその方がインカジを利用しているとしたら、証拠さえ掴まれてしまうと即逮捕の対象となります。違法なギャンブルなので、インカジは利用すべきではありません。

またインカジでは、ほとんどは経営側に利益が上乗せさせるようにできています。

店側がどうにでもイカサマ行為もできてしまう、よく考えると非常に怖いギャンブルですよね?

さてここからは、インカジ経営店で実際に起こった摘発事例をいくつか紹介していきます。

名古屋市内で2年連続インカジ経営店が摘発される

2018年、2019年と立て続けに警察から摘発を受けたのは、名古屋市内のインカジ運営店でした。

現行犯逮捕という事で、従業員のみならず、客も一緒に逮捕されています。

東京都でも2年連続インカジ経営店が摘発される

2017年と2018年に摘発を受けたのは、渋谷区にあるインカジ経営店と、歌舞伎町にあるインカジ経営店です。

名古屋市内の摘発と同様、従業員と客が一緒に逮捕されています。

このインカジの『客も逮捕された』という情報から、オンラインカジノも違法と誤って捉える方も中にはいらっしゃるようですが、これは全く違います。

また、インカジの摘発関連のニュースを見て言えることは、インカジには明らかに、経営側の利益を優先に考えられているシステムによって運営されているという事です。

そのことから、インカジとはいかにリスクが伴うものなのか、お解り頂けるかと思います。

インカジで利益を出すことは100%不可能に近い

インカジはやめておいたほうが良いのに

先ほど摘発されたインカジ経営店の事を記述しましたが、その売上金額は1店舗につき年間数億円規模というレベルと言われており、非常に大きな金額が動いている事がわかっています。

インカジの利用者のほとんどは『勝ってお金を手に入れたい』という気持ちでプレイすると思いますが、その射幸心から、ついつい入金額も大きくなってしまうのです。

ところがインカジには、裏操作を可能にしてしまうようなセキュリティ面での緩さや、ライセンス認定などがあるはずもなく、いくらでも不正が入り込んでしまう状況なのです。

仮に一度儲かったからと言っても、後々必ず客側が損をするような操作を行っていたり、暴力団関係者が関わっていたりするので、ユスリと呼ばれる脅迫行為を受けても不思議ではありません

万が一そのような被害に遭った場合でも、インカジが違法である以上お金が返ってくる可能性は望めず、それどころか客側にも違法行為の疑いをかけられてしまい、逮捕される可能性すら出てきます。

そのように追い詰められてしまう状況を考えると、現金の返却を求める事が、いかに困難な事かがわかるかと思います。

結論としては、運営側を訴える事も、警察に相談する事も、リスクにしかならないのです。

安全なのはインカジではなくオンカジ一択

ちゃんと勝てて安全なのはオンカジ

インカジで大金を手に入れられる、そんな事と耳にしたとしても、逮捕や勾留などのリスクがわかっているのであれば、手を出す人はいないでしょう。

しかし、しっかりと勝てる可能性があって、さらに違法性も無いのであれば、カジノで遊ぶことには非常に強い魅力があると思います。

違法性がなく、国内で楽しめるカジノギャンブルというと、今のところオンラインカジノだけです。

オンラインカジノは運営元が海外にあるため、現地の法律によって運営されているため、仮に日本でプレイしたとしても、適応されるのは海外の法律なのです。

したがって日本でプレイしても、法に触れることはないのです。

現金の取り扱いについても、ネットバンクなど、セキュリティが厳重な場所で管理されているため、こちらも問題点はなく、日本の法律上の違法性もありません。

インカジの違法性が謳われているのは、現金をその場で支払ったり、受領したりする行為なので、その点オンラインカジノとは大きく事情が異なります。

リスクを考えつつ、ビクビクしながらインカジをプレイするなんてナンセンス!自分のペースで安全に楽しめる、オンラインカジノが断然おすすめです!

オンラインカジノは、逮捕や摘発される可能性がほとんど無いことがわかった今、プレイヤーの人生に汚点を残す事もなく、はるかに合理的な選択肢と言えるでしょう。

オンラインカジノによる日本での摘発例はないのか?

インカジに不安を抱いている方は、オンラインカジノでも同じような摘発例があるのではないかと不安に感じられるかもしれません。

実は2016年に、オンラインカジノを利用した日本人が、全国で初めて逮捕されたという事例がありますが、この逮捕には様々な事情がある事がわかっています。

海外のオンラインカジノだが、日本の委託企業の存在が逮捕に繋がった

オンラインカジノ自体、海外のサイトで運営されていても、少しでも日本の企業が仲介、手助けを行っている事が判明した場合、日本の賭博法が適応され、違法となります。

現在は、運営ライセンスが発行されているオンラインカジノで、日本が運営に関わっているサイトは存在しません。

さらにそのカジノが、運営ライセンスはどこから発行されているのか事前にしっかり確認する事も、安全面から非常に重要なポイントになっています。

安全にプレイできるベラジョンカジノの人気が急上昇

やっぱりベラジョンカジノは知名度バツグンで安心なんです!

ベラジョンカジノは、完全日本語対応化を実現しているオンラインカジノです。

更に他のオンラインカジノよりも、遊べるゲームの種類が豊富で、セキュリティの面や運営ライセンスも信頼のおける企業が担っています

これらの要素から、誰にでもオススメできるサイトになっています。

近頃日本人の利用者がかなり増えている事もあり、日本人向けのキャンペーンも豊富となっており、日本人が楽しめるオンラインカジノとしては最高峰と言えるでしょう!

季節ごとに変わるキャンペーンがあることも、ベラジョンカジノを長く楽しめる理由です。

日本語に対応していないオンラインカジノで遊ぶのは、初めてオンラインカジノでプレイする人にとっては、かなりハードルが高いですよね。

日本語で質問しても回答もスムーズで、非常に分かりやすいサイトであるのが実感できるはずです!

インカジ摘発が急増中!選ぶのなら日本人に優しいオンラインカジノを!

このようにインカジで遊んでしまうと、犯罪歴を作ってしまうリスクが非常に高いことがわかりました。

あえてそんな危険を犯すより、オンラインカジノを選んだほうが、遥かに賢い選択と言えるでしょう!

今回はインカジの逮捕事例やその危険性について述べてきました。

ベラジョンカジノについては、今後ますます人気が高まるようなオンラインカジノです!

これからカジノに挑戦したい!そう考えているのであれば、日本人にも抜群に親切なベラジョンカジノで、本場のカジノの雰囲気をたっぷりと味わって下さい!

今すぐベラジョンカジノを始める